So-net無料ブログ作成
検索選択

脱初心者!中井精也著 デジタル一眼レフカメラと写真の教科書 活用編 レビュー [カメラ]

こんばんは、現在、カメラの練習を頑張っております。しかし構図や設定など難しい部分もあり、納得のいく写真がなかなか撮れません。もっと練習が必要です。

美しい写真を撮るプロのカメラマンはすごいですな。本当に。

さて、納得のいく写真が撮れない私は、つい最近までは絞りや露出すらわからないド初心者でした。今はそういう基本的なことはマスターして”脱初心者”は果たしたかな?と勝手に思っております。

それは、ブックオフで出会った鉄道写真家中井精也さんの、
デジタル一眼レフカメラと写真の教科書(何をどう撮る?活用編)」という本のおかげでございます。

P1020195.jpg

基本的なこと(絞り、露出、ホワイトバランスなど)をしっかり押さえ、まずは脱初心者を図ります。そこから応用して、どう撮るか?ということを第一に意識させる。つまり、中級者へと導いてくれます。

ロマンチックに撮るには?
ドラマチックに撮るには?
ゆるく撮るには?
シャープに撮るには?

”伝わる写真”がすなわち”美しい写真”であると、この本では説明されております。相手に撮った写真を伝え、感動させるコツというのがこの本でわかります。120分のDVDもひじょーうにわかりやすく、初心者の私が絞りや露出などのよくわからないことをマスターできたのはこのDVDが素晴らしかったからでしょう。

DVDでは中井さん自らが説明してくれます。基本を説明したあとに、外にでて実際に撮影する。そのときにどういう意識をすればいいのか、どういう設定をすればいいのか、プロのテクニックが手に取るようにわかる。これは非常にでかいです。中には普通はやらないような荒ワザが紹介されていたり、個性的な写真の撮り方も習得できます。

長々と理屈ばっかり書いてある構図の本とは違い、体で覚えることを意識した本書。初心者には大変飲み込みやすい内容でございます。

アマゾンでの評価もすこぶる高いですね。本当におすすめです。値段以上の価値がございます。

 

 
 
 

応援クリックお願いします!


人気ブログランキングへ


nice!(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。