So-net無料ブログ作成

東芝製CSSD-S6T128NHG5Qレビュー 信頼の高速SSD導入! [パソコン]

今まで使っていたパソコンは5年ほど前に自作したもので、まだまだ全然活躍できるスペックだったのですが、最新SSDのベンチスコアにつられて買ってしまいました。

しかも2台。

P1040621.jpg 

SSD導入で大変な目に遭った!

今までのマザーボードはASUSのP7P55Dという製品でした。これがSATA3Ghzにしか対応していなくて、SATA6Ghzの最新SSDの能力を最大限に発揮できない・・・。そこでマザーボードも新調しなければなりません。

すると今度はCPUが新マザーでは合わない・・・そこで第一世代i7 860をi5 4670kに変更。

せっかく最新のSSDにするならUEFIで速いと評判のWindows8も買わなければと、8も購入。

結局CPU、マザーボード、CPU、OSと4つも購入してしまいました(笑)今回はSSDのレビューをします。

 最新のSSDはなぜすごいか?

導入してみてびっくり。今まで使っていたIntel X-25M 80GBとはベンチスコアも2倍以上違う。SATA6Ghzの威力と、最新SSDの技術の進歩を垣間見ました。 これを2台 RAID0で構築します。高集積化が一番の要因でしょう。

 なぜ東芝SSD(CSSD-S6T128NHG5Q)か?

サムスンはあまり良いイメージはなくintelは高く、今一番人気が高くて、安く、高速なSSDがこのCSSD-S6T128NHG5Qだったからです。ライト速度なども、トップクラスで、この要領でこの速さを実現しているのはCSSD-S6T128NHG5Qのみだそうで。 

アマゾンの評価もすこぶる高く、星5つばっかり。内容も”信頼できる”という言葉がたくさんありました。安心の日本企業ですから信頼できるのは当たり前なのですが。

 

CSSD-S6T128NHG5Qの外観

 P1040622.jpg

P1040623.jpgP1040625.jpgP1040626.jpg

デザインが云々ディすっている人を他のブログで見かけましたが、内蔵SSDになぜデザインが必要なのでしょう??

驚異のベンチマーク結果!RAID0はすごかった。 

 ssd2.PNG

これがSSD2枚の威力です。ほぼ2倍の速度です。1Gbpsまでもう少しですね。ちなみに、前に使っていたX25-M 80GBのベンチ結果は以下の通り。

 b.PNG

今回購入した東芝SSDのほぼ半分のベンチマーク結果。速度が全然違います。実際にWindowsを使っていてもサクサク感が違いますね。これが最新の挙動なのかと。

 

Windows8をSSDを利用してUEFIでインストールするススメ 

高速SSDを導入するなら絶対に勧めたいのがWindows8です。一番ナンセンスなのが8を従来の遅いHDDで使うこと。これ以上のナンセンスはありません。

最新のSSDに8をのせると覚醒します。それも、UEFIでインストールすることにより電源投入後わずか3秒で起動するPCが完成します。本当かよ?と思われる方、私が前に上げた8搭載ウルトラブックの 起動動画をご覧ください。(今回東芝SSDを2枚RAIDでくんでいますが、動画は撮っていません。ウルトラブックでご確認ください)

 

 
最短で1.5秒まで起動速度を短縮できるWin8。もはや7など遅くて使っていられません。8はUEFIに最適化されており、ウルトラファストという機能により、極端なまでに高速なのです。待つことが嫌いな私にとってこの進化は実に素晴らしい。 
 
自作機はUEFI対応のGPU、マザーボードを使っており、RAID0でWin8を導入しているのでさらに早いです。電源投入後3秒で起動。
スリープモードなどは電源ボタンを押したと同時に復帰します。ウルトラブックも画面を開いたらもう起動しています(笑)
 
 
まだSSDを使ったことのない方、Win8を体験したことのない方は、検討してみてはいかがでしょうか。
 
この東芝SSD、めちゃくちゃ評判が良くて安いですよ!
 

nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。